パソコンを売る前に初期化・データ削除!標準機能で無料で実施し出品する

パソコンを売る前にデータ削除!無料の標準機能でOSを残して出品するお得な情報
最新特価情報はコチラ!
うにょらー
うにょらー
家にパソコンが増え始めて家内に怒られた男、うにょらー(@unyora4)です!



家にパソコンが増えるのも、Lenovoのパソコンのコスパが良すぎるせいだ。

そんなわけで、Lenovoの新しいパソコンを購入する資金とするためにも、フリマ・オークションなどに出品して小金稼ぎをすることにします。

そんな時に問題になるのが、

パソコン(PC)のデータ消去

交換可能な奴なら、HDD/SSDを交換してしまうんですが、eMMCなどの直付けの奴やそもそも解体が困難なパソコンなんかは…


特に有料ソフトを使用することもなく、Windowsの標準機能でデータ消去は対応可能なので紹介しておきます。


うにょらー
うにょらー
実際これをやって3台は手放しました。


【大前提】HDD/SSDが交換可能なら交換してから出品するのが最善



【大前提】HDD/SSDが交換可能なら交換してから出品するのが最善


ごくごくあたりまえですが、

交換できるのならHDDやSSDは交換してメルカリなどのフリマ、ヤフオクなどのオークションに出品するのが無難です。



SSDもかなり安くなりましたし、何よりSSDを搭載していることを明記することでパソコンに詳しくない方にも注目してもらえるので、購入されるチャンスが増えます。

でも、先述した通りeMMCなどは交換できませんし、タブレットPCなんかは解体するのに液晶を外す必要があるものがあったりと交換が困難なものも…。

有料のデータ消去ソフトであれば1,500円ほど(執筆時点)でディスク消去「Win版ディスクキラー」といったソフトもあります。

無料でどうにかしたい!そんな時は以下の方法を実施してください。



初期化→Cipher(サイファー)→初期化でパソコンを売る前にデータ削除



初期化だけでは、データ復元が可能な状態となっています。

簡単な方法で言えば「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」

復元ソフトを使えばもっと簡単に、もっと困難なものまで。


うにょらー
うにょらー
あなたの個人情報やクレジットカード情報が洩れるリスク、なくしたいですよね?



以下の手順で実施しましょう。

メルカリなどに出品する前に無料でデータを消去する手順(3ステップ)
  • 手順1
    初期化を実施

    OSの初期化で全データを削除とする。
  • 手順2
    初期化完了後にCipher(サイファー)を実行

    Cipher(サイファー)というコマンドをコマンドプロンプトより実行し、保存領域にデータ(ダミーデータ)を多数上書きする。

    Cipher(サイファー)を実行しデータを消去しているところ

    ※初期化や削除といった行為は、保存されているデータに「空っぽだよ」というデータを上書きしているだけなので、一枚めくれば元のデータが出てきてしまう。
    Cipher(サイファー)で多数のダミーデータを上書きすることで、元々のデータが読みだせなくなるという方法。

  • 手順3
    Cipher(サイファー)完了後、再度初期化

    Cipher(サイファー)にて保存領域にダミーデータを上書きしたうえで、再度初期化を実施します。
    ※より万全を期して

以上、3ステップで完了です。

ご存じの方には不要かもしれませんが、実際の各ステップのやり方をもう少し詳しく紹介しておきます。



ステップ1:初期化を実施



ステップ1:初期化を実施
  • 手順1
    「すべての設定」を開く

    Windows初期化の手順1の説明画像
  • 手順2
    「更新とセキュリティ」を開く

    Windows初期化の手順2の説明画像
  • 手順3
    「回復」そして「開始する」を選択

    Windows初期化の手順3の説明画像
  • 手順4
    「すべて削除する」を選択

    Windows初期化の手順4の説明画像
  • 手順5
    「ローカル再インストール」を選択

    Windows初期化の手順5の説明画像
  • 手順6
    「追加の設定」で「設定の変更」を選択

    Windows初期化の手順6の説明画像
  • 手順7
    「データのクリーニング」「Windowsをダウンロード」の選択状態を確認、変更する

    Windows初期化の手順7の説明画像
  • 手順8
    初期化を実施する

    Windows初期化の手順8の説明画像




うにょらー
うにょらー
上記を行えば初期化が実行されます!



ステップ3の再初期化に関しても同様に行います。



ステップ2:Cipher(サイファー)を実行し、保存領域にデータを多数上書きする



ステップ2:Cipher(サイファー)を実行し、保存領域にデータを多数上書きする
  • 手順1
    「コマンドプロンプト」を起動

    「ここに入力して検索」の検索窓に「cmd」と入力してコマンドプロンプト探し、起動する。
    Cipher(サイファー)を実行する手順1の説明画像
  • 手順2
    「コマンドプロンプト」にコマンドを入力しCipher(サイファー)を実行する

    コマンドプロンプトを起動するとこんな画面になります。
    Cipher(サイファー)を実行する手順2の説明画像
    「C:\Users\ユーザー名>」となっている個所(写真上だとユーザー名はhome)に以下のコマンドを入力します。

    cipher /w:[ドライブ名]:
    ※ドライブ名の箇所にはCドライブならc、外付けドライブならfなど

    Cドライブなら「cipher /w:c:」

  • 手順3
    Cipher(サイファー)を実行しデータを上書きする

    手順2にてコマンドを入力すると、Cipher(サイファー)が実行されます。

    実行中は、
     ・0×00
     ・0×FF
     ・乱数
    と書き込みが計3回実行されるので、結構な時間が必要です。

    Cipher(サイファー)実行中の画面

    完了すると、再び「C:\Users\ユーザー名>」が表示されるので、これでCipher(サイファー)によるデータ上書きは完了です。





ステップ3:再度初期化を実行する



Cipher(サイファー)を実行し終わったら、再度手順1と同じ手順で初期化を実行します。

それでメルカリなどのフリマ、ヤフオクなどのオークションに最低限出品ができる状態となります。

うにょらー
うにょらー
それでも復元されるのが怖い場合は、フリマなどではなく買い取り業者に販売するのが良いと思います。




パソコンを売って処分したいけど、データ復元・悪用されるのがやっぱり怖い人向け



パソコンを処分したいけど、データ復元・悪用されるのがやっぱり怖い人向け


ここまで無料(Windowsの基本機能)でできるデータ消去・初期化方法を紹介しましたが、

万が一データ復元されて不正利用されたら…。



というのが心配になる方はいるはず。

そんな方におすすめできる方法をご紹介します。



らくらく集荷・宅配買取の【Jan-gle】



データをしっかり処理してくれる業者なら、安心して販売できます。

うにょらー
うにょらー
当然ですが、フリマ・オークションなどで売るよりは安くなってしまいますが…



おすすめ業者はらくらく集荷・宅配買取の【Jan-gle】

高価買取をしてくれるのももちろんですが、一番ありがたいのは集荷買取してくれること。

Jan-gleのらくらく集荷買取
出典:Jan-gle公式サイト

無料で用意してもらえる買取キットで梱包して送るだけで無料査定してもらえる。

査定結果が気に入らなければ着払いで商品を返してもらえる。

うにょらー
うにょらー
今持っているパソコンを少しでもお金に換えたい人にはおすすめです。





【国認定】不用PCの宅配便回収



とにかく安全に、安くパソコンが処分できればいい!

そんな方には【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>がおすすめ。


安全かつ無料でパソコン引き取りを行ってくれます。

どんなに古くても、壊れていても大丈夫。

箱に詰めて集荷依頼するだけで、無料で回収してもらえます。


うにょらー
うにょらー
安全に処分するならココ一択。





パソコン買い換えるならLenovoにして…!



当サイトの名前が「Lenovoのノートパソコンをおすすめするサイト」というので、最後に紹介だけさせてください。

パソコンを売る・処分して、新しくパソコンを買うならLenovoがおすすめです!


おすすめの理由は、なんといっても驚くほどのコスパ

個人的に調べた結果ですが、某メーカだと20万円弱で売っているパソコンが、Lenovoだと10万円を切っていることもザラでした。

うにょらー
うにょらー
ありえないレベル。




ぜひご検討下さい!

タイトルとURLをコピーしました