Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300U)おすすめカスタマイズ

Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300U)おすすめカスタマイズ購入後カスタマイズ


うにょらー
うにょらー
こんにちは!
第3世代Ryzenの実力に慄いている男、うにょらー(@unyora4)です!





私が実際に購入し、今このブログを書くのにも使用している愛機


Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)



うにょらー
うにょらー
控えめに言って、最高です。





直販サイトで購入時のスペックは以下

画面サイズ14インチ
解像度1920×1080(FHD TN液晶)
CPU(APU)Ryzen 3 4300U
 4コア4スレッド
 2.70GHz (最大ブースト・クロック:3.70GHz)
メモリー4GB (DDR4-2666)
※メーカサイト上、空きスロット0
SSD128GB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィックスAMD Radeon™ グラフィックス
サイズ(幅×奥行き×厚み)327.1×241.0×19.9mm
本体重量約 1.5kg
バッテリー(使用時間)約 9.0時間
インターフェースUSB3.0×2
USB2.0×1
 ※ともにUSB typeA
HDMI×1
SDカードスロット
 ※4-in-1(SD、SDHC、SDXC、MMC)
その他LTEなし
光学ドライブなし
有線LANポートなし
USB typeCポートなし

 

この構成で購入したLenovo IdeaPad Slim 350を購入後1週間で満足のいく構成に変更(改造・カスタマイズ)したのでご紹介します!

変更箇所

  • メモリ
  • SSD(ヒートシンク含む)




IdeaPad Slim 350は空きスロット0だけどメモリ増設可能!メモリの増設は必須!



IdeaPad Slim 350は空きスロット0だけどメモリ増設可能!メモリの増設は必須!


メーカサイト上では空きスロットがないことになっている、Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)

Ideapad slim 350 Ryzen3(4300U)はメーカサイト上空きスロット0


うにょらー
うにょらー
ここ最近のPC事情を考えると、4GBではこころもとないですよね…



購入しちゃった人も、これから購入する人にも、朗報です。


Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)、メモリ増設できちゃいます!!



Lenovo IdeaPad Slim 350のおすすめ増設メモリ




うにょらー
うにょらー
一昔前のAMDのCPU(Ryzen)はメモリの相性問題が発生することが有名だったので、安心のためにも私が実際に購入・増設したメモリをおすすめしておきます。
こちら!



Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)増設したメモリ8GB




CrucialのノートPC用メモリ
PC4-21300(DDR4-2666) 8GB SODIMM CT8G4SFS8266




うにょらー
うにょらー
パソコンについて調べていくと、違う容量(GB数)のメモリを推奨されないこともあります。



これは過去のデュアルチャネル動作(メモリを複数枚さすことで動作の向上が図れる機能)を満たす条件として、同じ容量・同じ規格(人によってはメーカまで同じにすべきとも)のメモリを刺さなければ、デュアルチャネル動作とならなかったことからその情報が残っています。

しかし、IdeaPad Slim 350のようにもともとついているメモリがオンボード(基盤に直付け)で取り外し不可の場合は同じものを用意なんてできないし、そもそも4GB増設して8GBになっても何となく心もとない。

結果、私が選んだのは8GBを増設するという選択肢。

うにょらー
うにょらー
ご安心ください。



容量が違っていたって、デュアルチャネル動作しますから。


Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)デュアルチャネル動作確認
※CPU-Zというソフトで右上に「Dual」と出ていればデュアルチャネル動作なので、ちゃんとなっていることを画像内で確認ください。


違う容量でデュアルチャネル動作させる場合の注意点としては、


デュアルチャネル動作するのは少ない方のメモリ容量分まで


つまり、今回の構成の場合は

4GB + 8GB = 12GB



よって、8GBのメモリは少ない方の4GB分までしかデュアルチャネル動作しないので、

デュアルチャネル動作 8GB +シングルチャネル動作 4GB



そんな感じになるので、


メモリ使用量が8GBを超えると若干低速になることだけ注意してください。



増設の場所と実装後のスペックについて



別のページに分けて詳しく書いてみました!

もしよろしければこちらをご覧ください。

Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)はメモリ増設可能!
Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)はメモリ増設不可ってかいてあるけど、メモリ増設可能だった!内部の写真と認識したメモリを紹介します。







Lenovo IdeaPad Slim 350のSSDを交換でさらに高速かつ容量UPでパワーアップ!






今までHDDを使っていた人にとってはあり得ないぐらい早い、Lenovo IdeaPad Slim 350初期実装のm.2 SSDですが、


さらに速く、容量も増えたら理想的だと思いませんか…?


そう思ったので、SSDの換装を行ってみました!

難しくはありません。

うにょらー
うにょらー
私が一番難しかったのは、奥さんにパーツを追加購入する許可をもらうことでしたから…




換装に使うSSD



今回私が選んだのはこちらのSSD

SanDisk Extreme PRO M.2 NVMe SSD 500GB
SDSSDXPM2-500G-J25



Lenovo IdeaPad Slim 350に実装されているSSDはM.2という規格の中でも、NVMeという特に高速なSSDです。
M.2 SSDにはSATAというタイプも販売されていますが、互換性がないので他の物を選ぶときは注意してください。



換装方法については別途紹介ページを設けました!





なので、このページではどう変わるのかを紹介しておきます。



M.2 SSDを換装後の速度比較


変更前

Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300Uモデル)のCrystalDiskinfo

変更後

SanDisk SSD M.2 NVMe 3D Extreme PROシリーズ 500GBの速度確認


ほぼ最大値が出ています。


そして何より、読み込みは1.7倍・書き込みは2.5倍ほど向上していること。


これだけの速度が出ていればストレスなんてあろうはずがありません。

ちなみに、容量を増やした理由ですが

  • 音楽の保存
  • 動画の保存
  • 写真の保存



上記を目的としています。

うにょらー
うにょらー
外付けやUSBメモリなどはできる限り増やしたくなかったので…





動画に関しては、Windows10の標準機能を使用して、子どもにせがまれいろんな動画を録画すると増えてしまうのも原因の一つです。




Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300U)おすすめカスタマイズの総額とまとめ


  • 本体(Lenovo IdeaPad Slim 350(AMD Ryzen 3 4300U))
     ¥39,468(税込み)

  • メモリ(Crucial 8GB DDR4-2666 CT8G4SFS8266)
     ¥3,780(税込み)


  • m.2 SSD(SanDisk SSD M.2 NVMe 3D 500GB SDSSDXPM2-500G-J25)
     ¥10,800(税込み)



  • カスタマイズ後総額
     ¥54,048(税込み)

    【参考】Lenovo IdeaPad Slim 350(Ryzen5)※クーポン適用後

    •  ¥50,600(メモリ8GB SSD256GB)
    •  ¥56,100(メモリ8GB SSD512GB)



    素直にRyzen5をメーカー直販で買うか、私のようにいじるかは好き好きでよいと思います。


    うにょらー
    うにょらー
    私個人としては、いじれて(遊べて)尚且つちょっぴり高性能になったらうれしいのでこちらにしました!


    \超特価で買えるのは今だけ!?/



    ぜひ自分の使用状況に合わせ、最適なカスタマイズをしてみてください!

    うにょらー
    うにょらー
    私のカスタマイズが一例になればうれしいです!


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました