注文時にカスタマイズ可能!LenovoのゲーミングノートPC「Ideapad Gaming 370」

注文時にカスタマイズ可能!LenovoのゲーミングノートPC「Ideapad Gaming 370」お得な情報
Lenovoの特価製品をお探しなら

まずはココを覗いておくと幸せになれるよ?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

あついし、病気も怖いし、家にいたい。


よし。ゲームしよう。

コスパの神「Lenovo(レノボ)」でゲーミングノートPCが安いです。

ゲーミングパソコンはスペックが良いのでゲームだけでなく、仕事に使うも良し!
副業でお金を稼ぐのに使っても良いし、株やらFXやらで一攫千金を狙うのも良いし。


そんな挑戦するあなたを応援すべくLenovoのゲーミングノートPCをご紹介しますので、お得で使えるパソコン選びの参考にしてください!

\合わせて読んで欲しい/






▼新商品も対象▼

\レノボのサマーセール/

納期が気になる人はコチラがおすすめ
>>レノボ(lenovo)の直販サイトの本当の納期。パソコンを購入したらいつ届くのか【実体験】



値上がりで貯金もへそくりも減る一方ですが、ゆくゆくはゲーミングノートを購入したい…。




▼納期が遅いと悩むあなたに▼

\購入前問い合わせで出荷がはやくなるかも/



では、カスタマイズ可能なIdeaPad Gaming 370についてご紹介します。



【注文時にカスタマイズ可能】ゲーミングノートPC「IdeaPad Gaming 370(16型 AMD)」



注文時にカスタマイズ可能!LenovoのゲーミングノートPC「Ideapad Gaming 370」(16型 AMD)


注文時にカスタマイズ可能!LenovoのゲーミングノートPC「Ideapad Gaming 370」(16型 AMD)


注文時にカスタマイズ可能!LenovoのゲーミングノートPC「Ideapad Gaming 370」(16型 AMD)

簡易スペック紹介(初期構成)





簡易スペック紹介

より詳細なスペックを確認する場合はコチラ
Lenovo IdeaPad Gaming 370 製品仕様書

紹介製品型式カスタマイズ可能モデルのためなし
初期導入済OSWindows 11 Home 64bit (日本語版)
画面サイズLEDバックライト付 16.0型(光沢なし)
解像度他
  • 1920×1200(WUXGA IPS液晶)
  • 約1,677万色
  • 165Hz
  • CPU(APU)AMD Ryzen™ 5 6600H モバイル・プロセッサー
     6コア12スレッド
     3.30GHz (最大ブースト・クロック:4.50GHz)
    メモリー8 GB DDR5-4800MHz (SODIMM)
    空きスロット×0(メーカー公表)
    SSD512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen3 QLC
    グラフィックスNVIDIA® GeForce® RTX™ 3050
    4GB GDDR6
    サイズ(幅×奥行き×厚み)約 359.6×277.8×20.9~25.9mm
    本体重量約 2.6kg
    バッテリー(使用時間)約 14時間

    ※2022年8月6日時点での情報
    在庫の有無、最新価格は販売ページで確認ください、


    定価:181,500円
    直販サイト限定価格:127,050円(2022年8月14日時点、上記構成の場合)




    カスタマイズ可能箇所


    !注意!
    カスタマイズ可能モデルは納期が長くなります。
    Lenovoの納期が遅い!原因と対策について


    APU
  • AMD Ryzen™ 5 6600H
  • AMD Ryzen™ 7 6800H
  • ※Ryzen7にした場合+16,500円

    OS
  • Windows 11 Home 64bit
  • Windows 11 Pro 64bit
  • ※Proにした場合+5,500円

    Office
  • なし
  • あり(Microsoft Office Home and Business 2021 (個人向け) – 日本語 (プリインストール版))
  • ※ありにした場合+22,000円

    メモリー(RAM)
  • 8 GB DDR5-4800MHz (SODIMM)
  • 16 GB DDR5-4800MHz (SODIMM)
  • 16 GB DDR5-4800MHz (SODIMM) – (8 GB x2)
  • ※16GBにした場合、1枚刺し2枚刺しいずれでも+11,000円

    SSD(1st)
  • なし
  • 512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen3 QLC
  • 1 TB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen3 QLC
  • ※なしの場合は-19,800円、1TBの場合は+11,000円

    SSD(2nd)
  • なし
  • 256 GB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC
  • 512 GB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC
  • 1 TB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC
  • ※256GBの場合は+8,800円、512GBの場合は+19,800円、1TBの場合は+30,800円

    ディスプレイ
  • 16″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 350 nit, 165Hz
  • 16″ WQXGA液晶 (2560 x 1600) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, HDR400, 100%sRGB, 500 nit, 165Hz
  • ※WQXGA液晶の場合は、+4,400円

    グラフィックス
  • NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 4GB GDDR6
  • NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 Ti 4GB GDDR6
  • ※RTX3050Tiの場合は、+11,000円

    キーボード
  • 4-Zone RGBバックライト付 – 日本語
  • ホワイトバックライト付 – 日本語
  • ※4-Zoneの場合は、-3,300円

    マウス
  • なし
  • あり(USB RGBゲーミング・マウス)
  • ※ありの場合は、+2,200円

    無線
  • IEEE 802.11ac/a/b/g/n (Wi-Fi準拠) 2×2 & Bluetooth®
  • Wi-Fi 6対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2×2 & Bluetooth®
  • ※Wi-Fi6対応の場合は、+1,100円





    個人的なおすすめ構成



    最後に、カスタマイズ可能項目について私のオススメを記載しておきます。

    APU
  • AMD Ryzen™ 7 6800H
  • ※+16,500円

    OS
  • Windows 11 Home 64bit
  • Office
  • なし
  • メモリー(RAM)
  • 16 GB DDR5-4800MHz (SODIMM)
  • ※1枚刺し、+11,000円

    SSD(1st)
  • 512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen3 QLC
  • SSD(2nd)
  • なし
  • ディスプレイ
  • 16″ WQXGA液晶 (2560 x 1600) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, HDR400, 100%sRGB, 500 nit, 165Hz
  • ※+4,400円

    グラフィックス
  • NVIDIA® GeForce® RTX™ 3050 Ti 4GB GDDR6
  • ※+11,000円

    キーボード
  • 4-Zone RGBバックライト付 – 日本語
  • ※-3,300円

    マウス
  • あり(USB RGBゲーミング・マウス)
  • ※+2,200円

    無線
  • Wi-Fi 6対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2×2 & Bluetooth®
  • ※+1,100円

  • 合計金額
    224,400円
  • 値引き金額
    67,320円
  • 最終金額
    157,080円
  • この構成の理由としては、

    「自分での交換難易度が高いものはアップグレードしておく」
    「交換後の価格が安いものはアップグレードしておく」
    「できることなら性能は妥協したくない」



    そんな感じです。

    せっかくゲーミングノートを買うのにAPU(CPU)を妥協したくはないし、グラボだって少しでもいいものをつけておきたい。
    ディスプレイだって少しでもいいものが数千円で買えるなら、アップグレードしておく。
    メモリについては、安いものを探して追加実装できるように16GBの1枚刺しにしておく。

    そんな感じでの選択です。



    ぜひ一考ください。



    キャンペーン情報以外のレノボ(Lenovo)製品のお得情報・購入レポも公開中です!



    セール情報以外のレノボ(Lenovo)製品のお得情報・購入レポも公開中です!

    ↓↓あなたにきっと役立つおすすめページ↓↓

    レノボ(lenovo)の直販サイトの本当の納期。パソコンを購入したらいつ届くのか【実体験】
    レノボ(lenovo)の直販サイトでパソコンを購入すると、異様に納期がかかりますよね?実際に私が購入した時の納期と、少しでも早く納品してもらう方法を紹介します。
    LenovoはRep ID入力で出荷を早くしてもらおう!【注文後の人は再注文】
    Lenovoの直販サイトでの注文時にRep IDを入力すると出荷を早くしてもらえる。知っている人は知っているこの裏技の利用方法を徹底的にご紹介します。注文後の人は入力して再注文することで早くなる可能性も…!
    Windows11で使えなくなるPCが大量発生!?ならLenovoで新しいPC買っちゃえば?
    新しいOS「Windows11」が発表されましたが、適用条件が厳しくてアップデートできないPCが大量発生するそうです。まずは自分のパソコンが適用要件に当てはまっているか当サイトで確認し、アウトならLenovoで新しいPC買いません?
    パソコンの処分が無料でできる!データ消去もおまかせ可能な業者
    パソコンの処分って悩みませんか?どう捨てたらいいのかもわからないし、下手に捨てて情報流失なんて絶対に嫌。探した結果私がたどりついたのは段ボール1箱までなら無料で回収してくれて、データの消去も依頼できるあの業者でした…!
    パソコンを売る前に初期化・データ削除!標準機能で無料で実施し出品する
    パソコンをメルカリやヤフオクで売る前に必要なデータ削除。おざなりにするとデータ流出の危険があります。無料(Windows標準機能)でOSを残してきっちり削除・初期化してから出品する方法を画像付きで徹底紹介!
    ゲーミングノートはやめとけだって?おっさんには最適なんだが?
    ゲーミングノートPCの購入を検討した時に目にする「ゲーミングノートはやめとけ」問題。やめとけも何も、おっさんには最適だということを全力で紹介し、おすすめゲーミングノートを提案します。
    タイトルとURLをコピーしました