ゲーミングノートはやめとけだって?おっさんには最適なんだが?

ゲーミングノートはやめとけだって?おっさんには最適なんだが?各製品スペック

ゲーミングパソコンはやめとけ


そんな世間の声に反発すべく、このページを公開します。

先に言っておきますが、

おっさんにはゲーミングノートパソコンは最適です。


ただし、すべてのおっさんに最適なわけでもないので、その辺についてみっちりと語っておきます。


30代の子持ちのおっさんがおすすめするゲーミングノートPC

おっさんだってゲームしたい。
そんな思いを抱える全世界のおっさんに送る、珠玉のゲーミングノートPC(低価格、コスパ良好)

Legion 750i



よりコスパを求めるなら、こっち(オフィスソフト付きだし…)
Legion 560(ビデオカード搭載モデル)




では本題「ゲーミングノートはやめとけなのか」に入っていきます。



「ゲーミングパソコンはやめとけ」と言われる理由



「ゲーミングパソコンはやめとけ」と言われる理由


やめとけ派の方々の言い分は当たり前ですが、ちゃんと理由があります。

「やめとけ」の意見を否定するためにも、まずはその理由を確認しておきます。

相手の意見を理解しないままでは議論にすらならんので…。

「ゲーミングパソコンはやめとけ」と言われる理由
  • 拡張性、カスタマイズ性がない
  • 冷却性能(排熱性)が低い



  • 拡張性、カスタマイズ性がない



    ゲーミングノートPCをやめとけと言われるもっとも大きな理由が、

    拡張性、カスタマイズ性がないこと。

    ゲーミングノートに限らず、ノートパソコン全般にいわれることではありますが…。

    拡張性、カスタマイズ性とは「パーツの交換・グレードアップが後々行えるか」というものです。


    そもそもですが、ゲーミングPCで使用するパーツというのは一般的なPCよりも更新の頻度が高いです。

    というのも、最新のゲームが要求するPCのスペックというのは日に日に高くなっており、新しいゲームが出るごとにより上を求められます。

    さらには、

  • 最低限遊べる
  • 快適に遊べる
  • 最高画質で不満なく遊べる


  • どの程度で遊びたいのかで要求されるパーツが異なります。

    それもゲームごとに。

    FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)などでは、パソコン性能が低いことによってラグが発生するため「勝てない・まともにプレイできない」なんてことが往々にしてあり得る。

    仮に一番下の「最高画質で不満なく遊べる」を「どんなゲームでも」となると、デスクトップで以下のパーツを始めとしたものを組み合わせる必要があるので、数十万はくだらないでしょう…。






    当然ですが、ひとつのパーツだけグレードが高くても性能は発揮しきれないので、全体的にグレードをあわせる必要がある。

    拡張性、カスタマイズ性があれば「Core i5→Core i7」みたいに、すこしずつパーツのグレードも上げていけたりします。

    ゲーミングノートPCにはその拡張性、カスタマイズ性がほとんどない。

    グラフィックボードの交換もCPUの交換もできない。
    できるとしてもメモリ・SSDの容量拡張ぐらい。

    極端に言えば、将来性はゼロということです。



    冷却性能(排熱性)が低い



    ゲーミングノートPCをやめとけと言われる理由のもうひとつが、

    冷却性能(排熱性)が低いこと。


    高性能なパーツほど発熱しやすく、その分冷却にも力を入れなければなりません。

    デスクトップPCであれば、そもそもスペースが(多少は)広いので排熱しやすいですし、冷却に関しても大型のファンをつけたり水冷を行うこともできます。





    拡張性、カスタマイズ性のないゲーミングノートPCには当然そんなものはつけられません。
    それどころか、あの薄い筐体にすべてを詰め込んでいるため、排熱性が最悪です。

    ただでさえファンも大きいのを付けられない(=冷却性最悪)のに、最悪な排熱性。

    それがゲーミングノートPC。

    ちなみにですが、発熱が一定温度を超えるとCPUの「サーマルスロットリング」機能が起動し、強制的に性能が制限されます。

    サーマルスロットリングとは
    温度が一定以上の温度に達した場合にクロック周波数(処理能力)を強制的に制限して発熱を軽減させ、温度を下げる機能。
    クロック周波数を落としたにも関わらず温度がさらに上昇した場合、データ保護のために自動的にパソコンの電源が切れる。



    ゲーミングノートPCで温度を下げたい場合は、パソコンの外側にファンを用意してあげるぐらいしかできません。






    「ゲーミングノートはやめとけ」とは思わない!おっさんには最適な理由



    「ゲーミングノートはやめとけ」とは思わない!おっさんには最適な理由


    さて、ゲーミングノートPCはやめとけと言われる理由、弱点を紹介しましたが、

    ここからはゲーミングノートPCをおっさんにはおすすめする理由を紹介します。

    「ゲーミングノートはやめとけ」とは思わない!おっさんには最適な理由
  • 安い
  • カスタマイズ性があろうがなかろうが関係ない(予算が足りない)



  • 安い



    ゲーミングノートPCをおすすめする圧倒的な理由の1位。

    安い。

    学生時代と違って、生活費のことも考えなきゃいけないおっさんにはこれが大事。

    ゲーミングPCを買おうとしているからには、ゲームをしたかったり、CADなんかのグラフィック性能を要求されるソフトを使う予定があるのでしょう。

    その場合の似たようなパソコン構成での価格差が以下です。

    Legion T550

    定価:188,870円
    直販サイト限定価格:138,736円(2022年7月3日時点)
    スペック詳細はコチラ


    Lenovo Legion 560 – ファントムブルー

    定価:193,270円
    直販サイト限定価格:126,742円(2022年7月3日時点)
    スペック詳細はコチラ



    この時点ですでに安い。

    そして、デスクトップの方は最低でもこのほかに

  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • これらが必要となります。



    最終的な価格差としては3万円~5万円以上。

    おっさんの少ないこづかいには、非常に大きな差となります。



    カスタマイズ性があろうがなかろうが関係ない(予算が足りない)



    さて、安いということをおすすめしましたが、

    買う時に金がないんだから、改造なんてする金はもっとない。


    仮にデスクトップ購入後にパーツ交換する場合を考えてみてください。

    Intel Corei9 プロセッサー 12900KF
    2022年7月3日時点の価格:75,800円

    MSI GeForce RTX 3090 Ti
    2022年7月3日時点の価格:262,222円

    Kingston デスクトップPC用メモリ DDR5 16GB×2枚
    2022年7月3日時点の価格:29,070円

    買うお金ある?
    奥さんや子どもを説得することできます?

    なんで、それいるの?



    って言われた場合に「欲しいから」以外の理由が必要になります。

    会社で備品購入する以上の下調べ、準備、理由が必要となる家計予算。
    超高給取り、もしくは副業等で使用し利益が得られる方以外はサラリーマンには購入できないはず。

    日本人サラリーマンの平均給与500万円だし。

    ゆえにカスタマイズ性なんていりません。


    パーツを買い替えるお金があるなら、今のを使い続けてお金を貯めて買いなおした方が経済的です。
    その際は今使ってるの売ってもいいのだから…。

    私の場合はパーツいじりしている時間もないので、それも拡張性、カスタマイズ性がいらない理由にもなります。



    おすすめのゲーミングノートPC



    さて、お金がないおっさんサラリーマンの嘆きを聞いていただいたところで、おすすめのゲーミングノートを紹介させていただきます。

    Lenovoがコスパ良くておすすめ

    おすすめのゲーミングノート
  • Legion 750i
  • Legion 560(ビデオカード搭載モデル)



  • Legion 750i



    Legion 750i



    簡易スペック

    より詳細なスペックを確認する場合はコチラ
    Lenovo Legion 750i 製品仕様書

    製品型式81YT0029JP
    初期導入済OSWindows 10 Home 64bit (日本語版)
    画面サイズLEDバックライト付 15.6型 (光沢なし)
    解像度1920×1080(FHD IPS液晶 240Hz)
    CPU(APU)インテル® Core™ i7-10750H プロセッサー
     6コア12スレッド
     2.60GHz (最大ブースト・クロック:5.00GHz)
    メモリー16 GB DDR4 2933MHz (2 x 8 GB SODIMM)
    空きスロット×0(メーカー公表)
    ※最大容量32GB
    SSD1TB (PCIe NVMe/M.2)
    グラフィックスNVIDIA® GeForce® RTX™ 2060
    6GB GDDR6
    サイズ(幅×奥行き×厚み)約 359.3x259x19.9mm
    本体重量約 2.25kg
    バッテリー(使用時間)約 9.0時間



    実装しているグラフィックボードはミドルレンジとなるNVIDIA® GeForce® RTX™ 2060。

  • FF15ベンチマーク(高品質、1920×1080)では約8,000のスコア
  • FF14ベンチマーク(最高品質、1920×1080)では約17,000のスコア

  • おっさんが良く遊ぶFFで記載してみましたが、全く不満なく遊べるレベル。

    CPUも第10世代ではあるものの、Core™ i7を搭載しているのでゲーム以外でも不満は出ないし数年は確実に使える。

    そんな製品が以下の価格です。

    定価:324,280円
    直販サイト限定価格:217,268円(2022年7月3日時点)




    Legion 560(ビデオカード搭載モデル)



    Legion 560(ビデオカード搭載モデル)



    簡易スペック

    より詳細なスペックを確認する場合はコチラ
    Lenovo Legion 560 製品仕様書

    製品型式82NW003SJP
    初期導入済OSWindows 11 Home 64bit (日本語版)
    画面サイズLEDバックライト付 15.6型 (光沢なし)
    解像度1920×1080(FHD IPS液晶 165Hz)
    CPU(APU)AMD Ryzen™7 5800H
     8コア16スレッド
     3.20GHz (最大ブースト・クロック:4.40GHz)
    メモリー16 GB DDR4 3200MHz (2 x 8 GB SODIMM)
    空きスロット×0(メーカー公表)
    ※最大容量32GB
    SSD1TB (PCIe NVMe/M.2)
    グラフィックスAMD Radeon™ RX 6600Mグラフィックス
    8GB GDDR6
    サイズ(幅×奥行き×厚み)約 363.1×259.6×22.5~25.8mm
    本体重量約 2.4kg
    バッテリー(使用時間)約 5.0時間
    その他Microsoft Office Home & Business 2021付



    実装しているグラフィックボードはミドルレンジとなるAMD Radeon™ RX 6600Mグラフィックス。

    同じくAMD製のAPUとセットにすると、より高性能になるといわれるグラフィックボードです。

  • FF15ベンチマーク(高品質、1920×1080)では約8,000のスコア
  • FF14ベンチマーク(最高品質、1920×1080)では約19,000のスコア
  • フォートナイトベンチマーク(最高品質、1920×1080)では平均フレームレート96fps
  • Apex Legendsベンチマーク(最高品質、1920×1080)では平均フレームレート139fps

  • 先ほどのLegion 750iに比べて価格が安く、購入を検討する人が多いことを考えて複数ベンチマーク結果を記載してみました。

    こっちでも全く不満なく遊べるレベル。

    APUもAMD Ryzen™7 5800Hを搭載しているのでゲーム以外でも不満は出ないしこっちも数年は確実に使える。

    そんな製品がオフィスソフト付きで以下の価格です。

    定価:292,380円
    直販サイト限定価格:190,047円(2022年7月3日時点)




    ゲーミングノートPCの購入を検討した時に役立つページ



    ゲーミングノートPCの購入を検討した時に役立つページ

    ↓↓あなたにきっと役立つおすすめページ↓↓

    レノボ(lenovo)の直販サイトの本当の納期。パソコンを購入したらいつ届くのか【実体験】
    レノボ(lenovo)の直販サイトでパソコンを購入すると、異様に納期がかかりますよね?実際に私が購入した時の納期と、少しでも早く納品してもらう方法を紹介します。
    LenovoはRep ID入力で出荷を早くしてもらおう!【注文後の人は再注文】
    Lenovoの直販サイトでの注文時にRep IDを入力すると出荷を早くしてもらえる。知っている人は知っているこの裏技の利用方法を徹底的にご紹介します。注文後の人は入力して再注文することで早くなる可能性も…!
    Windows11で使えなくなるPCが大量発生!?ならLenovoで新しいPC買っちゃえば?
    新しいOS「Windows11」が発表されましたが、適用条件が厳しくてアップデートできないPCが大量発生するそうです。まずは自分のパソコンが適用要件に当てはまっているか当サイトで確認し、アウトならLenovoで新しいPC買いません?
    パソコンの処分が無料でできる!データ消去もおまかせ可能な業者
    パソコンの処分って悩みませんか?どう捨てたらいいのかもわからないし、下手に捨てて情報流失なんて絶対に嫌。探した結果私がたどりついたのは段ボール1箱までなら無料で回収してくれて、データの消去も依頼できるあの業者でした…!
    パソコンを売る前に初期化・データ削除!標準機能で無料で実施し出品する
    パソコンをメルカリやヤフオクで売る前に必要なデータ削除。おざなりにするとデータ流出の危険があります。無料(Windows標準機能)でOSを残してきっちり削除・初期化してから出品する方法を画像付きで徹底紹介!
    タイトルとURLをコピーしました